乳がん手術後の乳房再建について教えて

形成外科 乳腺外科

乳房再建手術の時期は?

乳房再建の時期は、乳がんの切除手術の際、同時期に開始する1次再建と、乳がん術後にしばらく経ってから開始する2次再建とがあります。1次再建の場合も手術の方法によっては、切除手術と同時に再建手術を行うとは限りません。

乳房再建手術の方法とは?

乳房再建の方法には腹直筋(ふくちょくきん)(*1)や下腹部の脂肪、広背筋(こうはいきん)(*2)など、自身の組織を用いた再建術と、シリコンインプラントを用いた再建術があります。それぞれ利点や欠点があり、患者さんの希望を尊重し十分な相談の上、決定します。

*1 腹直筋:お腹(なか)の中央にある腹筋
*2 広背筋:背中から腰、腕へとつながっている大きな筋肉

人工物による乳房再建(図1)は、通常はインプラントの挿入に先立ってティッシュエキスパンダー(組織拡張器)を挿入し、胸の皮膚と筋肉を伸ばして拡張した後に、インプラントに入れ替えます。

図
図1 人工物による乳房再建

広背筋皮弁法(図2)は、背部の広背筋とその表層の皮膚脂肪組織を、腋窩(えきか)(わき)の部分の血管をつなげたまま胸部に移動する手術です。後述の下腹部皮弁と比べると、血行の安定性が高く壊死(えし)のリスクが少ないという利点があります。組織量が少ないため、容量の大きな乳房の再建には向いていません。

図
図2 広背筋皮弁による乳房再建

下腹部皮弁法(図3)は、下腹部の皮膚脂肪組織を胸部に移動する手術です。容量の大きな乳房の再建が可能です。腹直筋という筋肉を使用する方法と温存する方法があります。下腹部皮弁は、将来に妊娠出産の可能性を考える場合には適しません。

図
図3 下腹部皮弁による乳房再建

更新:2022.06.13